中国語最短攻略法

何が攻略法やねんボケ。




ピンインもなんもしらんゼロからスタートとして。

とりあえず、まず、中国語学校でひたすら発音を教わる。
ひたすら3ヶ月でもかけてもいい。その間はひたすら教科書を音読。
発音の教科書を一冊買ってひたすら音読。
学校で配布される教科書のピンインを音読。地味すぎるが、これしかない。
レコーダーとかスマホの録音機能を使って、講師と自分の発音のどこが違うかを恥ずかしながらも聞き、ひたすら音読。
講師の発音のとき、口の作りを真似る、これね。
この辺は前のエントリで書いてるし気が向いたら読んでみてください。


3ヶ月目〜。
やっぱりひたすら教科書を音読。一人でブツブツ言いながら音読。
喫煙所とかでもスマホに取り込んだ教科書をブツブツ音読。


なんやかや、中国語は発音に寄せた言語なので、ひたすら発音の勉強は不可欠。
自分で発音できなければ、聞き取りもできないし
漢字を見る→発音する→聴くっていうのは結局
その漢字を音としてとらえられるかどうかなんな。
われわれが日本語での会話の時、いちいち頭に漢字が浮かぶかって話や。



で、そこらへんで高い高いスクールからは卒業。
オンライン中国語レッスンに切り替える。コスパ的にもオンライン中国語はお得。
やる気あるなら毎日1時間レッスンする。
毎日レッスンできなくても、単語覚えられなくても、
ダラダラ音読くらいはやるとか音楽くらい聴くとかはしておいたほうが
耳がなれる。

オンライン中国語の講師はピンキリなので、
日本語での文法の説明がうまい人もいればそうでない人もいるし、
そもそも日本語での解説はスクールに勝るものはないので、
両立できたらそれに越したことはない。

ちなみにワシは、文法に関しては
ネットで見つけた日本語ペラペラ中国人にカフェで教えてもらってる。


はいこれでもう最短1年目でHSK4級レベル。やったね。

うんこ中国語学習者の話。

どういうわけか、独学でシコシコ一人で勉強してるような人がいるらしい。
なまじっか文章は訳せるから自信はおありなのだ。
だがしかし発音が壊滅してる。
「ハオチ~シェイシェイ!」みたいなね。


発音練習はケツにネギをブッ挿してでもやるべきで
ネイティブに聞いてもらってナンボ。矯正してもらってナンボ。
発音やってナンボ!ナンボでもナンボなのだ。

オンライン中国語レッスンでの教科書

中国語口語速成って書名なのか 汉语口语速成なのかわからんがこれやってる。

漢語口語速成・基礎篇(第2版)(日文注釈版)(中国語) (対外漢語短期強化系列教材)

漢語口語速成・基礎篇(第2版)(日文注釈版)(中国語) (対外漢語短期強化系列教材)


オンラインレッスンで使用してる。



ベテランの中国語講師に勧められて購入。
様々な講師に「これはあまり使わない表現」と言われたことが一度もないので、フレーズを丸暗記しても問題ないと思われる。実際、会話で使っても違和感を指摘されなかった。



他のレビューにもあるが、単語、本文、注釈、練習で、2時間レッスンで1課が終れるボリューム。
ただ、単語の日本語訳や、本文の日本語解説だけでは理解するには雑いので、その知識だけで練習問題に挑むと詰む可能性がある。辞典をひいて、文法書を読んで理解を深める必要がある。
単語、本文を何度か音読し、注釈をこなし、練習をざっと目を通す予習をきちんとやれば2時間で終れる内容かと。



練習問題が不親切なところもあり、どう答えたらいいのかわからないところもある。講師のヒントありきなところも。そして本文、注釈に対して、練習問題のボリュームが多いので、やっぱり予習すべき。


全25課。毎日1時間レッスンならば2ヶ月程度で終れるはず。 真面目に2ヶ月やればHSK4級は合格できるだろうし、5級もぼちぼち狙えるのでは。


講師ありきのこの教科書だが、内容は留学生活にまつわる会話文で、ガッツリ中国の講師陣によって作られた本なので、即戦力になる内容かと。CDはついてないので手に入れておくれ。