HSK4級の結果発表

f:id:kloud:20180719125709p:plain

作文問題は落としましたが合格しました。

試験2週間前から公式テキストをざっくり1周やって
聴解試験対策でひたすらCDを聴いて、
本文を音読しまくってた。
結局音読に敵うものはないと言う印象。

読解は公式テキストやったり、教科書をやってたら
問題ないかと。


作文は、漢字がわからないというアクシデントに見舞われた!
読み書きの書きをやらなかったツケやわ。


とりあえず合格したので、あとは
HSK4級レベルのフレーズをスラスラでてくるように
復習してる。 HSK5級をうけるのはまた来年でいいかなぁと。

中国語最短攻略法

何が攻略法やねんボケ。




ピンインもなんもしらんゼロからスタートとして。

とりあえず、まず、中国語学校でひたすら発音を教わる。
ひたすら3ヶ月でもかけてもいい。その間はひたすら教科書を音読。
発音の教科書を一冊買ってひたすら音読。
学校で配布される教科書のピンインを音読。地味すぎるが、これしかない。
レコーダーとかスマホの録音機能を使って、講師と自分の発音のどこが違うかを恥ずかしながらも聞き、ひたすら音読。
講師の発音のとき、口の作りを真似る、これね。
この辺は前のエントリで書いてるし気が向いたら読んでみてください。


3ヶ月目〜。
やっぱりひたすら教科書を音読。一人でブツブツ言いながら音読。
喫煙所とかでもスマホに取り込んだ教科書をブツブツ音読。


なんやかや、中国語は発音に寄せた言語なので、ひたすら発音の勉強は不可欠。
自分で発音できなければ、聞き取りもできないし
漢字を見る→発音する→聴くっていうのは結局
その漢字を音としてとらえられるかどうかなんな。
われわれが日本語での会話の時、いちいち頭に漢字が浮かぶかって話や。



で、そこらへんで高い高いスクールからは卒業。
オンライン中国語レッスンに切り替える。コスパ的にもオンライン中国語はお得。
やる気あるなら毎日1時間レッスンする。
毎日レッスンできなくても、単語覚えられなくても、
ダラダラ音読くらいはやるとか音楽くらい聴くとかはしておいたほうが
耳がなれる。

オンライン中国語の講師はピンキリなので、
日本語での文法の説明がうまい人もいればそうでない人もいるし、
そもそも日本語での解説はスクールに勝るものはないので、
両立できたらそれに越したことはない。

ちなみにワシは、文法に関しては
ネットで見つけた日本語ペラペラ中国人にカフェで教えてもらってる。


はいこれでもう最短1年目でHSK4級レベル。やったね。

うんこ中国語学習者の話。

どういうわけか、独学でシコシコ一人で勉強してるような人がいるらしい。
なまじっか文章は訳せるから自信はおありなのだ。
だがしかし発音が壊滅してる。
「ハオチ~シェイシェイ!」みたいなね。


発音練習はケツにネギをブッ挿してでもやるべきで
ネイティブに聞いてもらってナンボ。矯正してもらってナンボ。
発音やってナンボ!ナンボでもナンボなのだ。