當代中文課程

A Course in Contemporary Chinese (Textbook) 1

A Course in Contemporary Chinese (Textbook) 1

  • 作者: National Taiwan Normal University Mandarin Training Center
  • 出版社/メーカー: Lian Jing/Tsai Fong Books
  • 発売日: 2015/06/02
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
Practical Audio-Visual Chinese 1 2nd Edition (Book+mp3)

Practical Audio-Visual Chinese 1 2nd Edition (Book+mp3)

  • 作者: Guo Li Tai WAN Shi Fan Da Xue Guo Yu Jiao Xue Zhong Xin
  • 出版社/メーカー: Zheng Zhong/ Tsai Fong Books
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る


台湾留学ではこれがメジャーなのかな。新版の視聴華語の方かな?
よー知らんけど!
台湾の中国語をやりたい人は多いと思うけど、まあびっくりするくらいに
教科書の選択肢がないので、これか視聴華語のどっちか、って感じなのだが
どっち使うにしろ説明が英語のみなので英語苦手な人はつらい。
文法に関しては、やっぱり簡体字の教科書を買った方がいいよ。
簡体字アレルギーもいいけど、それは早めに克服したほうがいい。


當代中文課程は1課につきクセもない会話文と、長文問題がセットになっとる。
会話も長文も慣れようぜ留学生諸君、みたいな作者の気持ちを感じる。
生活に即した内容。駅がどこにあるとか、台湾の習慣とか。
問題もクセがなく難易度もそう高くないし、
(中国語の教科書あるあるなんだけど、質問の意図がイミフなやつ。あれがない)
全体的にさわやかな教科書という印象。クソ分厚いけど。
ちなみに、3冊目を終わらせたらHSK4合格レベル。
ちなみにHSK4級とれるくらいになると、やっと会話らしくなる。
俺話せるやん。いけるやん。という実感が伴ってくる。

HSK5級に向けて

去年HSK4級を取ってからダラダラ過ごしてた。
いや『案外簡単にとれてしまった』ことで慢心しまくってたのだ。

むしろ、5級の2500単語は全力でぶつからないと
勝ち目ないなあという印象もあって、避けてきた感じある!
俺はチキンなのだ。ヌハハ!
当初の学習熱はないにしろ、オンラインレッスンは続けてる。


オンラインレッスンで使用している教材はこちら


??口?速成:提高篇(第2版)

??口?速成:提高篇(第2版)

正直この教科書はきつかった。苦行。
漢語口語速成の基礎編の続きだが
序盤はまあまあだが、中盤以降の展開が段違いにきつくなる。
後半はもはや弾幕シューティングゲームみたいなレベルの単語量。
グロ画像かと思うレベル。二宮金次郎も本をそっと捨てるレベル。

本文の内容は、もはや口語ですらないし、ディスカッションとか
留学生のクラスメイトとあれやこれやと議論するレベル。
単騎駆けのワシには知らんやんけってなりながら。


これ、HSK5級対策の教科書なのだ。
2500の単語数の盛り込みがきっつい。この教科書だけでは2500は満たないんだが。
ゲロ吐きながら一応終わらせた。生牡蠣にあたったときの気持ちで終わらせた。
もう一度言うけど、グロ画像レベル。



提高編がきつすぎて中国語が嫌いになりそうになったので
難易度を落としました。俺はチキンなのだ。

中級漢語口語(1)[第2版]附MP3CD(中国語) (北大版新一代対外漢語教材口語教程系列)

中級漢語口語(1)[第2版]附MP3CD(中国語) (北大版新一代対外漢語教材口語教程系列)

  • 作者: 劉徳聯,劉暁雨,全3冊、52課。本冊は20課。初版(上下冊)は1996年出版以来10万部を突破。その後社会情勢に合わせて内容を改めて3冊とし、2004年に改訂初版を出した。この2版では「語句理解」の項目を設け、MP3ディスクを付けた。構成は本文・新出単語(英訳付き)・注釈・語句の解説・練習問題。
  • 出版社/メーカー: 北京大学出版社
  • 発売日: 2011/03/01
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
使ってるのは第3版。
ひたすら会話文。生活に即した口語の表現がでてくる教科書。
『それ言おうとした~』『まじ運がツイてない(涙)』のような表現。
体感HSK4級レベル。



独学で使ってるのは

中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級(データCD付き)

中国語検定 HSK 公認 長文テキスト 5級(データCD付き)

暇なときにダラダラ読む感じ。解説が全然ないので
過去問の方を買った方がいいかもと思ったが、
先にざっとこの本をやって2500単語をほぼ潰しておこうと。
音声がダウンロードできるのでリスニング対策にも使えるかな。
(この長文レベルのリスニングは出てこないけど)


上で書いた漢語口語速成提高編を先に吐きながらやったおかげで
大体の意味、単語は理解できるのだが、知らない単語はまだまだ出てくるね。


なんだかんだダラダラ中国語学習も3年くらいたったわけだ。
学習仲間とかもいらないし、勉強サボるの大好きだし、仕事後にガッツリ勉強できる意識の高さもないが
まあなんだかんだ、ダラダラ続けてるとそれなりの形になってくる。
ゴリゴリの手加減抜きでこられたときや、踏み込んだ会話はまだできないし
方言とか泣きそうになるけど、それなりにネイティブとコミュニケーションとれる。


今年中に取ると決めたHSK5級。今年はあと半年もあるし、ダラダラ続けるぞ!!!!!