中国語最短攻略法

何が攻略法やねんボケ!お前誰やねん。偉そうすぎやろ!
(なにこのノリ)


発音も何も知らないゼロからスタートする人に向けて書きます。


とりあえず近所の中国語学校で週一ひたすら発音を教わることから始める。
ここで大事なのは本屋さんで教科書は買わなくていいね。
特に発音が意味不明なので、独学で真似してやろうとか思わないこと。


ネットで近所の語学学校を探して思い立ったら吉日効果でザッと行くこと。
1レッスンくらいはタダでうけさせてくれるので、
あれこれ質問したらいいと思う。


週一60分レッスン始めましたねおめでとう。
学校で配布もしくは買わされる教科書を音読。地味すぎるが、これしかない。
発音は厳しめでお願いしますと頼むこと。
辞められたら困るからと、発音がクソのまま進める講師がいるそうだが
ぶつかり稽古でおねがいしますと。全力でぶっこんでくださいよと頼んでください。

レコーダーとかスマホの録音機能を使って、講師と自分の発音のどこが違うかを恥ずかしながらも聞き、
ひたすら音読。講師の発音の口の作りを真似る、これよ。
独学だとこの口の作り方や発音の仕方で変なクセがついてしまうので
大事なことはネイティブの真似。これですわー。


そして、家では発音の教科書を一冊買ってひたすら音読。
この辺は前のエントリで書いてるし気が向いたら読んでみてください。



3ヶ月目〜。
やっぱりひたすら教科書を音読。一人でブツブツ言いながら音読。
喫煙所でもスマホに取り込んだ教科書を見ながらブツブツ音読。
自分で発音できなければ、聞き取りができない。これ。マジ。
教科書のフレーズは覚えてナンボよ。


漢字を見る→発音する→聴くっていうのは結局
その漢字を音としてとらえられるかどうかなんな。
われわれが日本語での会話の時、いちいち頭に漢字が浮かぶかって話や。


3か月くらいして、発音がこなれてきたら、オンライン中国語レッスンに切り替えるのあり。
コスパ的にもオンライン中国語レッスンはお得すぎるしな。
1コマ25分250円~なんてのもある。やる気あるなら毎日1時間レッスンする。
毎日レッスンできなくても、単語覚えられなくても、
ダラダラ音読くらいはやるとか、音楽くらい聴くとかはしておいたほうが
口と耳が退化しないと思います。
なお、オンライン中国語の講師はピンキリなので、
日本語が使える使えない、文法の説明がうまい人もいればそうでない人もいるし、
通信状況がクソみたいな講師もいるので、スムーズにいかないこともありますね。


日本語での解説は語学学校の講師に勝るものはないので
語学学校を否定する気はないね。餅は餅屋ではある。
オンライン中国語の講師は、素人といえば素人なのだ。


ちなみにワシは文法に関しては
ネットで見つけた日本語ペラペラ中国人にカフェで教えてもらってました。


はいこれでもう最短1年目でHSK4級狙えるねー。
HSK5とか半年で合格するのもいるらしいよ。
そういうやつは何やってもできるやつやろ!



うんこ中国語学習者の話。

どういうわけか、ネイティブに学ばずに独学でシコシコ一人で勉強してるような人がいるらしい。
日本人なので漢字がだいたい同じ意味だしノリで文章は訳せるから自信はおありなのだ。
だがしかし発音が壊滅してる。
「ニィーハオ↑↑ハオチ~~~シェイシェイ!」みたいな。
こういう発音でも、もちろん検定は受けれるけど、
自分の発音とあまりに差がありすぎると、ゆくゆく聞き取りで死ぬ可能性出てくるよね。


というわけで、発音練習はケツにネギをブッ挿してでもやるべき。
ネイティブに聞いてもらってナンボ。ビシビシ矯正してもらってナンボ。
発音やってナンボ!中国語は発音。避けては通れないのである。


中国語の最短攻略法というのは結局避けては通れない発音を
逃げずに全力でぶつかり稽古することなのではないでしょうか。