當代中文課程

A Course in Contemporary Chinese (Textbook) 1

A Course in Contemporary Chinese (Textbook) 1

  • 作者: National Taiwan Normal University Mandarin Training Center
  • 出版社/メーカー: Lian Jing/Tsai Fong Books
  • 発売日: 2015/06/02
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
Practical Audio-Visual Chinese 1 2nd Edition (Book+mp3)

Practical Audio-Visual Chinese 1 2nd Edition (Book+mp3)

  • 作者: Guo Li Tai WAN Shi Fan Da Xue Guo Yu Jiao Xue Zhong Xin
  • 出版社/メーカー: Zheng Zhong/ Tsai Fong Books
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る


台湾留学ではこれがメジャーなのかな。新版の視聴華語の方かな?
よー知らんけど!
台湾の中国語をやりたい人は多いと思うけど、まあびっくりするくらいに
教科書の選択肢がないので、これか視聴華語のどっちか、って感じなのだが
どっち使うにしろ説明が英語のみなので英語苦手な人はつらい。
文法に関しては、やっぱり簡体字の教科書を買った方がいいよ。
簡体字アレルギーもいいけど、それは早めに克服したほうがいい。


當代中文課程は1課につきクセもない会話文と、長文問題がセットになっとる。
会話も長文も慣れようぜ留学生諸君、みたいな作者の気持ちを感じる。
生活に即した内容。駅がどこにあるとか、台湾の習慣とか。
問題もクセがなく難易度もそう高くないし、
(中国語の教科書あるあるなんだけど、質問の意図がイミフなやつ。あれがない)
全体的にさわやかな教科書という印象。クソ分厚いけど。
ちなみに、3冊目を終わらせたらHSK4合格レベル。
ちなみにHSK4級とれるくらいになると、やっと会話らしくなる。
俺話せるやん。いけるやん。という実感が伴ってくる。